ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
クロード・ドビュッシー
2018年になりました。今年もよろしくお願いします。
ピアノ関連では今年はフランスの作曲家ドビュッシーの没後100年という記念年になるようです。

ドビュッシーは日本ではアラベスク第1番や月の光などが昔からテレビCMなどでも使用される機会が多い作曲家です。
ピアノや音楽に日頃は触れていない方でも、一度はドビュッシーの曲を聴いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

ピアノの学習と上達ということからドビュッシーを見てみると、弾きやすさと難しさの両方を持っている作曲家のような気がします。
アラベスク第1番などはブルクミュラー25練習曲の修了程度の実力でもがんばれば弾くことができますが、響きや流れをよく感じてちゃんと演奏しようとすると簡単ではありません。
また、前奏曲集や映像、エチュードなど音楽的にも技術的にも非常に多彩で難しい曲も多く残していますので、上級者にとってもやりがいのある作曲家です。

今年はドビュッシーがコンサートで演奏される機会は多そうですから、注目していきたいです。

JUGEMテーマ:音楽



| フランス | 13:15 | comments(0) | - | pookmark |
ビゼー
ピアノ曲の作曲家というイメージが一般的には無くても意外と多くのピアノ曲を残している人もいます。
例えばフランスのビゼー。
カルメンのイメージが非常に強いせいかピアノ曲というイメージは連弾で少し演奏されるくらいにしか思い浮かばない人も多いかもしれませんが、意外にもそれなりの数のピアノ曲をつくっていて数分くらいの小品で魅力的な曲が結構あります。
これらの曲は学習者の練習にも発表会にもちょうど良いと思われる曲もありますが、現在ではよく弾かれている曲とは言えません。
要因としては日本の楽譜出版社からでている曲集もカルメンやアルルの女を編曲ものがとても多く、ビゼーのオリジナルのピアノ曲をあまり収録していないせいかもしれませんが、今後使いやすいビゼー曲集がより普及してくれることを期待したいと思います。
JUGEMテーマ:音楽


| フランス | 13:52 | comments(0) | - | pookmark |
ベルリオーズ
12月11日は作曲家ベルリオーズの誕生日です。
単独のピアノ音楽をたくさん残したわけではないのですしオーケストラ曲でも傑作を次々と生み出したというほどではない作曲家ではありますが、なんといっても「幻想交響曲」という音楽史上でも非常に重要な作品を残していることでベルリオーズは大作曲家の地位を頑固たるものにしているでしょう。

幻想交響曲の迫力や斬新さ、楽器の個性的な使い方や1つの楽想を最後まで展開していく面白さなどはご存知の方も多いと思いますが、いつも感じるのはこの作品が今我々現代人が聴いても全く古臭い感じなどがせずに新鮮に響くことが驚きであり素晴らしい点です。
ですから歴代の名指揮者たちも盛んに録音を残していますし今後も名録音も増えていくでしょう。
普段はピアノ音楽しか聴かないという学習者もぜひ聴いて欲しい1曲です。
JUGEMテーマ:音楽


| フランス | 22:20 | comments(0) | - | pookmark |
ドビュッシーらしさ
8月22日はドビュッシーの誕生日です。
ドビュッシーは音楽の世界に新たな風を吹き込んだ作曲家として現代でも盛んに演奏されている作曲家でピアノ曲も数多く残していますが、オーケストラの曲にも素晴らしい作品を残しています。
代表作とも言える「牧神の午後への前奏曲」はそれまでのオーケストラ音楽の概念を変えてしまうほどの衝撃が当時の人々にはあったのではないでしょうか。
また交響詩「海」でもオーケストラの持つ表現力をフルに活用したかのような曲になっているところが魅力です。

ドビュッシーはオーケストラ曲ではピアノ曲よりもより陰影や色彩感、立体感のある音楽、奥行きのある表現を求めたのかもしれません。
ピアノ作品でももちろん立体感のある作品、ゆったり気味で雰囲気のある曲を残していますが、ピアノ曲の場合には一般的に知られている「月の光」などの曲よりも、よりテンポの速くてキビキビとした運動性能のある曲のほうが本来のドビュッシーらしさなのかもしれません。
JUGEMテーマ:音楽


| フランス | 21:45 | comments(0) | - | pookmark |
ドビュッシー
8月22日のドビュッシーの誕生日も近くなってきました。
フランス音楽だけではなく近代の音楽の世界に革命をもたらしたと言ってもいいほどのドビュッシーの音楽は、現代でも多くの人々に演奏されています。
ピアノ音楽でいうと「月の光」や「アラベスク第1番」が何と言っても有名で耳する機会も多いのですが、作曲活動の中期以降の作品である「ピアノのために」や「前奏曲集第1集、第2集」「映像第1集、第2集」といった作品にこそドビュッシーの世界が凝縮されているように思います。
これらの中期以降の作品はテクニック的にも音楽的にも難しいので上級者向けの曲ですが、ぜひとも多くの方に弾いていただきたい曲です。
特に前奏曲集第2集はコンサートで取り上げるピアニストも非常に多いので、ぜひ生演奏を味わってみてはいかがでしょうか。
JUGEMテーマ:音楽


| フランス | 20:58 | comments(0) | - | pookmark |
オッフェンバック
6月20日は作曲家オッフェンバックの誕生日です。
ドイツに生まれてのちにフランスで活躍したオッフェンバックの代表作といえばオペレッタの「天国と地獄」でしょう。
この中のメロディーはCMなどでも使われることもあり、オッフェンバックや天国と地獄とう作品名を知らない人でもメロディーは聴いたことがあると思います。

オッフェンバックはオペラッタを中心とした作曲家だったのでピアノ作品は残してはいますが数が多いわけでもなく、また演奏されているのも聴いたことがありませんが今後はもしかしたら注目されてくることもあるのでしょうか。

なお、「天国と地獄」はピアノ用にも編曲されているバージョンがいくつか存在していて全音のピアノピースなどでも出ていたとおもいます。
JUGEMテーマ:音楽


| フランス | 21:01 | comments(0) | - | pookmark |
ドリー組曲
フォーレのピアノ作品で最も馴染みが深いものといえば連弾曲の「ドリー組曲」ではないでしょうか。
発表会や各種のコンサートでもよく取り上げられることの多いフランスのピアノ作品を代表するといってもいいくらいの連弾曲のドリーは、全体を通して弾くには中級くらいのレヴェルで弾くことができます。

また一部の曲は初中級くらいの実力でもなんとか形にすることもできるので、教本や教育的な連弾作品しか弾いたことがない学習者が少し本格的な連弾作品に取り組もうとする時にも活用したい曲です。
まずはCMなどでも使われていたこともある第1曲目の「子守歌」からやってみるといいでしょう。
先に聴いて知っていると単に雰囲気に流されてしまうような演奏をしてしまいがちな曲ですが、楽譜を注意深く読んで出していく音とそうでもない音の選択をしっかりとつけるように練習してから、全体をうまく音楽の流れにのせてみましょう。
JUGEMテーマ:音楽


| フランス | 13:16 | comments(0) | - | pookmark |
フォーレ
5月12日はフランスの作曲家フォーレの誕生日です。
「ノクターン」、「舟歌」などの数々のピアノ曲を残しているフォーレはピアノ弾きにとっては馴染みのある作曲家だと思いますし、現在でもこれらの曲は多くのピアノ愛好家にもピアニストにも好まれている重要なレパートリーでしょう。

ピアノ曲は素敵な曲が多いのですが、サロン的な雰囲気の曲が多いせいかフォーレの音楽は内向的な小品という感じがするので、発表会などの場ではあまり向いていないのではとおもわれる方もいるかもしれません。
しかし、そうした内向的な性格の曲だとしてもフォーレの音楽には聴かせる要素もたくさん含まれているので、意外と外向きでもあるように思います。
特に歌心のある曲や響きを上手の取られることのできる人に向いていますから、指導者もそうした人には発表会などでフォーレを選択の1つにあげてみてはいかがでしょうか。
JUGEMテーマ:音楽


| フランス | 21:14 | comments(0) | - | pookmark |
フランシス・プーランク
今年はフランスの作曲家プーランクの没後50年の記念年です。
ラヴェルよりも少し後の世代で同じくフランスのミヨーやオネゲルといった作曲家たちとほぼ同世代です。

この時代には実に様々な形態の音楽が作曲されていき前衛的な作品も数多く登場した時代ですが、プーランクの作品はそうした奇抜なアイデアということではなく美しさという点で注目されるでしょう。
ピアノ曲も多く残していて特に「15の即興曲」は中級者くらいで弾ける曲もあるので一般のピアノ愛好家にも好まれている作品集です。
また「ナゼルの夜」は非常に密度の濃い作品としてコンサートピアノストの重要なレパートリーとなっています。
JUGEMテーマ:音楽


| フランス | 01:29 | comments(0) | - | pookmark |
ラヴェル
3月7日はフランスの作曲家ラヴェルの誕生日です。
ラヴェルの時代やその前後の時代にも非常の多くの作曲家がいてドビュッシーやプロコフィエフ、バルトークなどのようにとても多くのピアノ作品を残している作曲家もいますがラヴェルは作品数は少ない作曲家と言えます。

理由のひとつとしては子ども用や初級者用などのピアノ作品をつくっていないことがあげられます。
プロコフィエフやバルトークなどは教育用作品、こども用の作品も多いのでピアノ教育の世界にも多大な影響を残しましたがラヴェルにはそうしたピアノ作品はありません。

しかしラヴェルのピアノ曲はその1曲1曲の密度がとても濃く非常に精巧なつくりでありスイスの時計にも例えられるような緻密で曲ばかりです。
そして時に繊細に時には暗い情熱のような激しさもある非常に音楽性豊かな作品となっています。
難しい曲が多いのですが様々な校訂版も出版されているので以前よりは作品が身近になっていると思います。
JUGEMテーマ:音楽


| フランス | 21:27 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/12PAGES | >>