ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 暑さと付き合う | main | 分厚くないもので >>
読みと演奏
私はゴルフをやらないので詳しいことはわかりませんが、一流のプロゴルファーのコースの分析と攻略方法というのは基本的には同じだそうです。
しかし、コースの長さや曲がり具合などによって自分の得意な部分を活かす攻略方法もあるでしょうから、短いパー4なら1打でグリーンを狙う選手もいれば、そこまでの飛距離を持っていないので無理せずに確実に2打でグリーンオンを目指す選手がいたり実際には攻略方法は個人によって異なってくると思います。

これは楽譜の読み方と演奏に少し似ているようにも思います。
同じ曲の同じ出版社の楽譜を使って弾いても、曲の構成の捉え方やデュナーミクの幅の設定、楽譜から感じるイメージや求める音色のためのタッチ感やペダルの使用方法など、様々な要因があるので演奏者によって演奏は全く異なります。
一般のピアノ愛好者はそうしたことを録音などをたくさん聴くことによって補うのも1つの方法ですので、1つの曲を演奏する場合もより多くの録音を聴くと気づくことも多いでしょう。
| 音楽とスポーツ | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.piano-advance.com/trackback/1059971
トラックバック