ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 採点 | main | 新年のスタート >>
今年もありがとうございました
ショパンとシューマンの生誕200年やエリザベト王妃コンクールやショパンコンクールなどのピアノ大きな国際コンクールなどもあり、何かと話題の多かった2010年もまもなく終わり迎えようとしています。
ピアノの愛好者や指導者の方々はそうした大きなイベントなどよりも、日々の課題をクリアしていくことに精一杯という方も多かったかもしれませんが、ピアノという楽器を弾くことは毎日のように新しい発見があり自らを高めていくことにつながることだと思います。
ですからたとえすぐには結果が出なくても、それが数ヵ月後や1年後、数年後につながっていくことだと思って、毎日のピアノを楽しみたいものです。
来年2011年はフランツ・リストの生誕200年という記念の年でもあり、各種のコンサートでリストの曲を聴く機会が増えそうです。

今年も当サイト「ピアノレッスンのヒント」をご覧いただきありがとうございました。
| 音楽雑感 | 15:10 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
今年もこちらのサイトにはお世話になりました
どんどん充実してくる内容に感謝しています

来年の発表会の選曲にも役立てさせていただきたいと思います
リストイヤーなのでリストから選曲したい思いもありますが、来年もやっぱりしつこくショパンを弾こうかなあ?
などと、あれこれ考えてる今が楽しいのかも・・・

今のところノクターン13番(暗いかなあ・・・??)にしようと思っています。
中間部に差し掛かったところに、左手が絶対に届かない和音がありますが(しかも八分音符)、あれはやっぱりアルペジオのように弾くしかしょうがないものですよね?
その際の指使いにも悩みます。
1-3-5-2 のように回転さすか、1-3-2-1 で一気に頑張るか・・・。

また来年もよろしくお願い致します

| ピッコロ | 2010/12/30 4:35 PM |
初めまして、年は若くないのですがひよっこピアノ講師のアレグレットです。6年前友人の娘さんを教えた事がきっかけで、現在アメリカで13人の生徒を教えています。

とても参考になる事がたくさん書かれていて、心強いブログに出会えたとうれしく思っています。音大卒ではないので、良いものを提供できる自信はなかったのですが生徒が生徒を連れてきてくれ、よちよちと6年もたってしまいました。来年からはもっと自信を持ってやっていきたいと思っています。毎回生徒がくる前に準備をしてレッスンが終わったらその様子を書いてまだまだ試行錯誤中です。
自分自身もレッスンを受けつつの私ですが、来てくださる生徒とゆっくり楽しんでいけたらと思っています。

これからよろしくお願いいたします。
| アレグレット | 2010/12/31 12:59 AM |
アレグレットさん
音大卒かどうかはピアノのレッスンをしていく上ではほとんど、いえ本来は全然関係ありません。大事なことは指導者が良いレッスンになるようにと、常に勉強しているかどうかです。
しっかり事前準備をして、レッスン後もいろいろと試行錯誤されているのはとても素晴らしいと思います。
ぜひこれからもがんばってください。
| オムレット | 2011/01/10 8:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック