ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< たくさん聴きましょう | main | ヨーゼフ・ハイドン >>
一学年上に、そして継続を
年度の終わりから年度の初めに変わるということは学生にとっては新しい学年のなるとうことです。
特に小学生の頃は1学年上がるというだけでも世界は大きく変わることは皆さん経験から知っていると思いますが、最も下の学年である小学1年生も2年生になって下の学年が入ってくるわけですから、ちょっとしたお姉さんお兄さん気分になっていくでしょう。
ですからこうしたことをピアノのレッスンでも上手に活かしたいものです。
例えば「3年生なったのだから自分でしっかりと楽譜を読んで毎日40分以上は練習しようね」などと学年を意識させるのも1つの方法です。
また小学生から中学生になる時に勉強などが忙しくなってピアノを辞めてしまう方もいるかもしれませんが、それはもったいないことです。
本来は中学生くらいから骨格も発達して頭の理解力も伸びていくのでピアノが上達する年代ですので、ぜひ続けてもらいたいもの。
これまでにも高校生になっても大学受験の直前までもピアノをしっかり続けて国立の有名大学に進学した人をたくさん知っていますが、やはりピアノは勉強の息抜きにもなり、しかも頭脳の発達や集中力の維持、継続力にも効果があると思っています。

JUGEMテーマ:音楽


| ピアノ情報ミニ | 21:26 | - | - | pookmark |