ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 個々の力を高めて | main | 少し遠くへ >>
ショパンの指使い
ショパンのノクターンやエチュードをいくつかをショパンの指使いが書かれている楽譜で弾いたことがある方なら感じたと思いますが、ショパンには少し独特の指使いがあります。
指とフレーズの結びつきを重視することによって生まれた指使いですが、曲によっては「ショパン自身は本当にこの指使いで弾いていたの?」と思うこともあるかもしれません。
ショパンが実際に自分自身の書いた指使いで弾いていたのか、それとも「練習のためにこの指使いも試してみてね」ということで書いていたのかは確かめることはできませんが、よりよく弾くための指使いということで考えるならば場合によってショパンの指使いではない指使いで弾いても良いと思います。

いつくかの楽譜はショパンの指使いと校訂者の指使いを区別できるように字体をかえて両方印刷しているので、そうした校訂者の指使いも参考になります。
JUGEMテーマ:音楽


| ポーランド | 15:29 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする