ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 音符を音楽に | main | 現代曲の前に >>
ショパン
3月1日はショパンの誕生日です。
日本では特に人気の高いショパン。
ショパンのピアノ音楽はどんなところが魅力なのでしょうか。

それは簡単には言い尽くせないと思いますが、1つあげるとすると「ピアノ音楽である必然性」といったところかもしれません。
ピアノ曲だからこそ成立している曲なので弾きたくなる、ピアノ好きなら聴きたくなると思うのです。

当然ながらショパンも作曲の勉強をして理論的なことも充分に頭に入っていたとは思いますが、それよりも手の動きやピアノの音のイメージから音楽をつくった結果がピアノ曲の名作の数々を生み出していたのではないでしょうか。
JUGEMテーマ:ピアノ


| ポーランド | 23:02 | comments(3) | - | pookmark |
コメント
はじめまして。

ピアノは小学校の頃やっていて、その後大人になってから
何度か再開しようとしたのですが、いろいろあってなかなか再開できなかったのですが、やっと先月から本格的に再開しました。

大人になってから何度も再開しようとしたのは、
やっぱりショパンが弾きたかったから。
どこか憂いや哀愁を感じさせるところが日本人の好みに合うのかも。

習っていた頃、バイエル併用曲集の方ばかり練習してバイエルは全然練習しないでレッスンに行ったことがありました。
そうしたら先生はめちゃくちゃ怒って、
「バイエルをやるのが大切なのに!曲集なんてやらなくても
いいくらいなのに!」って言ったんです。
バイエルを練習しなかったのはよくなかったけど、
曲集の方はほめてもらえると思っていたのでショックでした。

別にそれが原因でやめたわけではありませんが、ずーっと
何か違うのではないか、という想いが消えなかったので
こちらでバエイルやツェルニーを特に練習しなくても、
曲集をきちんと練習するだけでも上達すると書いてあって
とてもうれしかったです。

いつの日かノクターンや幻想即興曲が弾ける日まで
がんばりたいです。
| まーちゃん | 2012/03/03 5:56 PM |
まーちゃんさんへ。

サイトをご覧いただきありがとうございます。
「ピアノ演奏の基礎がバイエルにある」というような風潮は現在はかなり減ってきたと思いますが、昔は今よりもかなりそのような指導者が多かったと思います。また、教本の選択肢も今よりも少なかったので尚更だったのかもしれません。

基礎は大事ですし、テクニカルな曲を弾くためには少しずつテクニック練習を取り入れることも必要です。
すぐに仕上げられる小さな曲と少し中期の期間をかけて仕上げる曲、そして毎日短時間でもテクニック練習を入れるといいと思います。
テクニック練習はまずはバーナムのような簡単なものでOKです。
また、できればポリフォニー(多声)の曲なども弾くようにすると指の訓練にも耳で音を聴くことにも大変有効です。
| オムレット | 2012/03/04 9:17 PM |
ありがとうございます。

このホームページを読んでいると、自分が教わったやり方と
あまりに違うのでびっくりしてしまいます。
弾く時は手を丸めて、片手で十分練習してから合わせる、
とにかくハノンとバイエル・・・という感じで
育ったので。
40年近く前のしかも田舎の話なので、仕方ないかもしれませんが。

バッハはけっこう好きなので、独学でインベンションを少しやってました。こちらのホームページも実はバッハから入りました。ある程度完成していた曲もありましたが、
まったく鍵盤を見ずに弾く、ということを始めたら
途端に崩れました。

チェルニー30番も独学で少しやってましたが、1週間で1曲仕上げられるレベルではないので、レベルに合いそうなものを探してみます。バーナムの練習曲はまったく知らなかったのですが、今度見てみます。
| まーちゃん | 2012/03/04 9:57 PM |
コメントする