ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< バッハ | main | 根気が大事 >>
似ているけれど違う箇所
ドビュッシーをはじめとするフランス物は譜読みにどうしても時間がかかってしまう方も多いと思います。
以前にも述べたように結局はたくさん読んで慣れることが最も効果的な対策と言えるでしょうが、もう少し具体的な対策をあげるとすると、「同じ箇所と、似ているけど違う箇所」を見分けて読んでいくことがコツでしょう。

これも特に新しいことでもなく多くの方が既に実践されている方法だと思いますが、ドビュッシーには「似ているけれど少し違う箇所」というのが曲のいろいろな箇所に結構ありますので、それを把握していくと譜読み時間の短縮と譜読みミスを減らすことができるでしょうし、暗譜で弾く必要がある場合の暗譜対策としても役立ちますので楽譜をよく読んで意識してみるといいと思います。
JUGEMテーマ:ピアノ


| フランス | 21:21 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする