ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 旧録音と新録音 | main | 初見を毎日 >>
ギーゼキング
ドビュッシーのピアノ曲の名演奏を残しているピアニストのひとりにワルター・ギーゼキングがいます。
モーツァルトなどの演奏にも定評があり録音も残しているギーゼキングですがドビュッシーも得意していました。
ギーゼキングのドビュッシーは現代の我々が聴いても大きな違和感などは少ないとおもいます。
1956年に亡くなっているピアニストで、この時代のピアニストの演奏はショパンでもドビュッシーでも自己流の音楽に浸ってかなりうねっているような演奏をする人も多かったと思いますが、キーゼキングはそうしたことはせずにあっさり気味に、しかし音はしっかりと鳴らして弾いている演奏なので現代に通じるものがあるでしょう。
当然ながら録音の音の質自体は昔のものなのでそれほど良いわけではありませんが、現代のピアニストのドビュッシーしか聴いたことが無い方は聴いてみるのもいいと思います。
JUGEMテーマ:音楽


| フランス | 16:10 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする