ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 現代人に馴染みやすい | main | 移動の時に長い曲 >>
影響を受けつつも
ドビュッシーと同時代には当然ながら同じフランス人にもたくさんの作曲家や演奏家仲間がいましたが、フランスにはスペインからも多くの作曲家、演奏家が来ていました。
お互いに良い影響がたくさんあったと思いますので、ドビュッシーもスペインの風味を取り入れた「グラナダの夕暮れ」のようなピアノ曲をつくっていますし、スペインのファリャやモンポーもフランス音楽の要素を取り入れて作曲していることは、彼らのピアノ曲をいくつか弾いてみると感じることだと思います。
そして異国の音楽的要素に触れて影響を受け、それらを取り入れながらも自分の音楽語法で作曲されているからこそ、素晴らしいピアノ作品になっているのではないでしょうか。
JUGEMテーマ:音楽


| フランス | 17:18 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする