ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ピアノを曲を多く残している作曲家 | main | 短い曲がたくさん >>
横の流れ
古典やロマン派を中心に弾いてきた人はドビュッシーを弾くとその響きの新鮮さが好きになることはあると思います。
ロマン派までのピアノ曲とは異なるドビュッシーのピアノ音楽の響きは一度入り込むと、とてもいい気分になれる曲も多く、1曲仕上がるとまた次の曲も弾きたくなるものです。
その時のちょっと気をつけたいことは響き自体に意識が向かってしまって音楽の流れというものが断片的になってしまうことです。
響きをつないで音楽の流れが出来上がっているのですが、それをあまり感じずに弾いてしまうとどこか不安定な音楽に聴こえてしまうことは、特に子どもがドビュッシーを弾く時にはよくあるように思います。
名演奏の録音などの参考に音楽の起伏ある流れを感じてみるといいでしょう。
JUGEMテーマ:音楽


| フランス | 23:03 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする