ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 休憩も忘れずに | main | 違い環境でも >>
1巻と2巻
ドビュッシーを取り上げるピアノのコンサートが特に多い今年ですから、生演奏で聴く機会はとても多いと思います。
ピアニストが一人で弾くリサイタルですと「前奏曲集第2巻」を全部演奏というのはよくあるパターンでしょう。
ドビュッシーの前奏曲集(プレリュード)には1巻と2巻があり、特に2巻には「風変わりなラヴィーヌ将軍」や「月の光が降りそそぐテラス」、「交代する3度」、「花火」などのピアノ弾きにとってとても魅力的な内容の曲が入っていてドビュッシーの世界を凝縮したような感じがします。
しかし、これらの曲はあまり聴き慣れていない方がすぐに馴染める曲というわけでもないかもしれません。
親しみやすさでいえば「亜麻色の髪の乙女」や「アナカプリの丘」といった曲が入っている前奏曲集第1巻の方が聴きやすいようにも思います。
1巻と2巻の両方を全て弾くコンサートもあるでしょうから両方一気に聴けると尚良いですね。
JUGEMテーマ:音楽


| フランス | 23:34 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする