ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ピアノ弾きの作曲家 | main | 全調は大事ですが >>
フランシス・プーランク
今年はフランスの作曲家プーランクの没後50年の記念年です。
ラヴェルよりも少し後の世代で同じくフランスのミヨーやオネゲルといった作曲家たちとほぼ同世代です。

この時代には実に様々な形態の音楽が作曲されていき前衛的な作品も数多く登場した時代ですが、プーランクの作品はそうした奇抜なアイデアということではなく美しさという点で注目されるでしょう。
ピアノ曲も多く残していて特に「15の即興曲」は中級者くらいで弾ける曲もあるので一般のピアノ愛好家にも好まれている作品集です。
また「ナゼルの夜」は非常に密度の濃い作品としてコンサートピアノストの重要なレパートリーとなっています。
JUGEMテーマ:音楽


| フランス | 01:29 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする