ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 小学校時代にたくさん弾く | main | ヴァイオリン音楽にのせて >>
ミスをしないことよりも
フィギュアスケートを見ていて音楽との一番の共通点は本番が始まったら最後まで中断せずにやり通さなくてはならないということかもしれません。
ジャンプで1つのミスをすると次々とミスをする選手もいますが、ミスを引きずらずにしっかりと演技ができる選手もいます。
先日のグランプリファイナルでの羽生結弦選手もショートもフリーも1度ずつジャンプで失敗があっても、演技が終わった後には観ている側にも失敗したという印象はほどんと残らずにとてもいい演技に内容だと感じました。
これはプログラム全体が密度が濃いからだと思いますが、当然ながらをそれを選手本人がしっかりとプログラムを通しきれるだけの練習を積んでいるからでしょう。

ピアノでもちゃんと仕上がっていればコンクールや発表会での些細やミスタッチは大きな問題ではありません。
ミスをきっかけに崩れていかないこと、ミスをしたことが原因でその後の演奏がしぼまないことを普段の練習で想定しながらやることが重要です。
JUGEMテーマ:音楽


| 音楽とスポーツ | 14:31 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする