ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< バロック期の作曲家330年 | main | リヒテル >>
ヘンデル
330周年のバロック期の3人の大作曲家は鍵盤作品も多いので演奏される機会も多いわけですが、それでもヘンデルは学習者に演奏される機会はまだまだ少ない作曲家なのかもしれません。
理由の1つとしては、やはり楽譜の充実度がもっとも低いということがあげられるでしょう。

バロック音楽や多声音楽の導入や初歩のためのバロック小品集的な教本や曲集は現在では数多く出版されていて、ヘンデルの曲が収録されていることもありますが、それでもいつくかのリゴドンやサラバンドくらいでしょうか。
その後にバッハの小プレリュードなどを弾くようになると、ヘンデルに接する機会はさらに減ってしまうという感じかもしれません。
そしてバッハやスカルラッティのように、その作曲家の曲を集めた良質が楽譜がヘンデルの場合は日本版であまり存在しないので、どうしても触れる機会が少なくなってしまいます。
最も手に入れやすい楽譜としては、ドレミ楽譜からはヘンデルの曲集がでていますので日本版としては貴重な存在と言えるでしょう。
JUGEMテーマ:音楽


| イギリス | 23:34 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする