ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< さまざまな教本の併用で | main | 新鮮な選曲 >>
ショパン
今日から3月です。そして3月1日はショパンの誕生日です。
しかも今年は5年に1度開催されるショパン国際コンクールの年ですからショパンに生誕や没後の記念年ではありませんが、ショパンに注目が集まる年にもなりそうです。

ショパンのピアノ作品はとても短い小品からピアノコンチェルトのような40分の作品まであるのですが、コンチェルトを除くピアノのソロ作品としてのショパンの1つの頂点はバラードかもしれません。
ソナタやスケルツォ、エチュードも当然ながらショパンの代表作であり重要な作品ですが、1曲でショパンの世界ほぼ全てを含んでいる作品といえばバラード。特に4番ではないでしょうか。

しかしバラード4番に挑むのは結構大変です。
テクニック的にも音楽的にも非常に難曲であることは間違いないですからショパンのその他の作品、マズルカ、ワルツ、ノクターン、プレリュード、エチュードなどをたくさん弾いて準備していくといいと思います。
もちろんバラードに挑戦しない方もワルツなどは比較的弾きやすい曲が多いので、ワルツ集を持っているといいでしょう。

JUGEMテーマ:音楽


| ポーランド | 20:07 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする