ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 録音が少ない曲を選んでみる | main | 譜読みでは指も考えながら >>
ベーラ バルトーク
3月25日はハンガリーの作曲家バルトークの誕生日です。
バルトークはピアノ作品を数多く残していて、それらのほとんどは現在は良質な楽譜の日本版もいくつか種類が出版されているので入手が楽になりました。
楽譜がすぐに手にしやすい状態だと弾く人も増えるので今ではコンクールの課題曲に含まれることも多いですし、発表会でも定番になっています。

しかし子どもの生徒がバルトークを家で練習していても保護者は今ひとつ馴染みの無い音楽のような気がして不安になる、なんてこともあるかもしれません。
「ルーマニア民俗舞曲」などのメロディーが馴染みやすい曲もありますが、必ずしもそうしたピアノ曲ばかりではないので一度や二度聴いても素直に入り込めない人もいるのは想像がつきます。
そうした方はメロディーや和声よりもリズム優先でバルトークを楽しむのも1つの方法です。
すぐに変わる拍子や時には意外性のあるアクセントやスフォルツァンドを含むリズム感はすぐに乗れなくても楽しめると思います。
いくつか格安な録音もでていますので、まずはたくさん聴いてリズムの面白さを体感できるといいようです。
JUGEMテーマ:音楽


| ハンガリー | 10:29 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする