ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 弾いている音を認識しよう | main | お休みと日常 >>
リュート曲
曲を深く知るために作曲家のピアノ作品以外の作品についてもよく知ること、よく聴くことが大事ことはよく言われることです。
モーツァルトならオペラを聴くということはよく言われることですし、バッハにもマタイ受難曲やヴァイオリンソナタやパルティータもあります。
もう1つバッハで注目して欲しいのはリュートのための作品です。
数も結構ありますし響きを聴くことによって現代のピアノでバッハの鍵盤作品を弾くことの1つのヒントになるように思います。
リュートという楽器自体が今では珍しいのでギターで弾かれている場合も多いと思いますが、音楽の本質は十分に聴けると思いますので小プレリュードやインヴェンションを弾いている方ばかりではなく既に平均律クラヴィーアを弾いている方もバッハのリュート曲を聴いてみましょう。
JUGEMテーマ:音楽


| ドイツ | 21:14 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする