ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 音のバランスを聴く練習にも | main | 今年もありがとうございます >>
踏みとどまる
フィギュアスケートの全日本選手権の男子フリーを観ていると、パーフェクトに近い演技の選手は最終グループでもほとんどいませんでした。
しかし、大きく崩れてしまって演技がメチャクチャになってしまった選手もいません。ジャンプのミスがどこかにあってもしっかりと踏みとどまった選手たちばかりだったので、その演技はパーフェクトに近くなくても見ていても飽きません。
これはピアノ演奏の本番と近いものがあります。
ピアノ演奏でもしっかり練習を積み重ねて練習で弾けていれば、たとえ本番に極度の緊張感や思わぬミスタッチで心に動揺が生まれたとしても大崩れせずに最後まで弾けると思います。
そしてそうした思わぬミスをも想定した通し演奏の練習が重要だと思うのです。

本番でいつも崩れてしまうなぁと思う方は、短い曲を普段から着実に仕上げて通し演奏をする習慣をつけることも本番力を上げるのに役たちます。
JUGEMテーマ:音楽


| 音楽とスポーツ | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする