ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 1曲集中と譜読み | main | バッハ、スカルラッティ、ヘンデル >>
選曲も楽しむ
大きなコンクールの課題曲なども公式発表されている時期ですので、全国的にピアノ指導者も忙しい時期になってきた頃かもしれません。
こうした全国規模のコンクールの場合には課題曲は同じ級でも比較的弾きやすい曲から少々難しい曲まで幅広く選曲されているのが特徴だと思います。
そこで曲の選び方というのがひとつのポイントとなると思いますが、基本的には確実に弾けるだろうと思われる曲を選ぶことがいいと思います。

挑戦というのももちろんいいのですが、コンクールの場合は演奏の完成度も重視したいところですのでしっかりと仕上がることが重要です。
「実力に対して曲が簡単だと飽きてしまうのでは?」と思われるかもしれませんが、そこは期間をかけて細部までしっかりと弾きこむ練習=1小節ずつ見直しを繰り返しながらのつもりでやってみることも時には必要です。

選曲そのものも楽しい作業ですので参加者は選曲も楽しんで欲しいです。
JUGEMテーマ:音楽


| ピアノ情報ミニ | 13:43 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする