ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 選曲も楽しむ | main | 動きすぎに気をつけて >>
バッハ、スカルラッティ、ヘンデル
コンクールでバロック作品を選ぼうとする時に当然ながらすぐに思い浮かぶのがバッハですが、バッハと同時代の作曲家の作品も課題曲に含まれていることも多くなりました。

バッハの次くらいにコンクールで演奏される機会がバロック作品といえばスカルラッティでしょうか。
完全に多声的な作品は少ないのですが、軽快さと時々現れては消えていく多声部の部分なども特徴のスカルラッティの数々のソナタは現代のピアニストにもよく演奏されるようになってきていますし、学習者にも弾いて欲しい作品が多くあります。
ヘンデルも結構弾かれるようになってきています。
鍵盤作品の組曲として楽譜も少しずつ手に入りやすくなってきているヘンデルは、軽快な曲もありますしメロディーのラインをしっとりと歌わせるような曲もあります。
親しみやすい曲調のものも多いのでこちらも学習者にもおすすめです。
JUGEMテーマ:音楽


| ピアノ情報ミニ | 00:04 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする