ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 通る音で | main | 好みはありますが >>
手拍子や歌で
コンクールの演奏を聴いていると、他の曲が指周り的に難しいので「この曲しか選択肢が事実上無かった」として演奏している場合も地区予選レヴェルではあると思います。
それは消極的な選択の方法とではありますがけっして悪いことではないはずです。
自分が弾ける曲をしっかりと取り組んで弾くことは大事なことですし、ゆっくりな曲を選んで堂々と弾けばいいと思います。
しかし、ゆっくりで雰囲気のある曲の難しさも当然あるわけで、これが特に小学生だと非常に難しさがあります。
ゆったりとしてテンポの曲の音の余韻や呼吸感を感じないままに、音を並べただけの演奏が残念ながらかなり多いのです。

これは指導する側にも問題があるのでしょう。
たとえば生徒がゆったりとしたテンポを感じて弾けないからといって、単にメトロニームに合わせてやらせればいいというものでもありません。
もちろんメトロノームに合わせて練習しているうちについ早くなってしまうのを防げるかもしれませんが、生徒が自分で裏拍も感じてテンポを感じて弾けるように、日頃のレッスンで手拍子やソルフェージュでじっくり付き合うのも重要です。

JUGEMテーマ:音楽



| ピアノ情報ミニ | 00:02 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする