ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< やることを具体的に | main | ここまでやって >>
リオオリンピックを見ていて
リオオリンピックが開幕して日本選手も水泳や体操など金メダルもあり、好スタートのようです。
音楽を使うような新体操などにも注目したいところですが、そうではなくてもこれまでにはじまった競技である競泳も柔道もフェンシングも卓球なども見ていて真剣勝負というのは面白いものです。

そして私達視聴者は日本選手たちの活躍に一喜一憂しがちです。
メダルという結果になればさらに注目しますし、そうでなければ「なんだ〜」というような風潮になりやすいもの。
しかしピアノに関わっている人であれば、そうした結果というものも今回の場合の物事の一面にすぎないということを実感されているものだと思います。

ですから選手たちの試合が、今回結果がともわなくても次の試合に、または次の試合がなくても何かつながっていくものだと広い心で見守りたいと思いますし、選手たちがこの日のために懸命に努力を重ねてきたことを想像すると、やはりこの舞台に立っていることそのものの凄さを感じます。

そうした部分はピアノの練習と本番ということと似ているのかもしれません。
コンクールでも賞という目先の結果にどうしてもとらわれがちですが、それだけではないことも本人も保護者も指導者も十分わかっていることが重要です。

JUGEMテーマ:音楽



| 音楽とスポーツ | 23:48 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする