ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ここまでやって | main | テクニックの本 >>
実際に会場だったら
オリンピックではシンクロの他にも体操や新体操などの採点系の種目がありました。
多くの採点種目はフィギュアスケートの影響もあってか、結構前に10点満点のような採点方式を見なおして「技の難易度と、実際の演技」のような2つの点数の合計または3つの点数の合計のような方式をとっているようです。
これは公平性と同時に観ている側にもわかりやすくという意味もあると思いますが、その競技の専門家ではない大半のテレビ視聴者にとっては「どらくらいが高い点数で、どれくらいが普通なのか」といったこと自体が少しわかりにくいようにも思えました。

しかしこれはピアノコンクールのようなものにも言えることでしょう。
先月に全国規模で開催される大きなピアノのコンクールが終了して、動画サイトで入賞者のたくさんの演奏を観ることができます。
動画なので生演奏のような感動は伝わりにくいですし本当の実力はわかりませんが、こうした全国大会の賞に入るか入れないかも本当に紙一重のような微細な点数だったりもするので、おそらく演奏者にも保護者にも一般の聴衆にも金銀銅の区別はわかりにくいかもしれません。
ですが、これが実際の会場で生演奏を聴くとその差はわかりやすいもので、地区予選や地区本選くらいだと全国へ選べばれる人はピアノを長年やっている人でしたらだいたい予想がつくと思います。

ですからシンクロも体操もテレビだとわかりにくい点数差も、実際に会場では出来栄えにかなり差があるのかもしれませんね。

JUGEMテーマ:音楽



| 音楽とスポーツ | 21:18 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする