ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< テクニックの本 | main | アーティキュレーション >>
2台使っているならではの
日本ではコンサートで2台ピアノを聴くことも多くなりました。
コンサートの会場にフルコンが2台以上あるところも全国的に珍しくない状況ですから、「せっかく2台あるのなら2台ピアノのコンサートを」という思いで企画される団体なども多いのでしょう。

ですが、2台のピアノのレパートリーとなるとまだまだ充実しているとはいい難いのかもしれません。
クラシックの2台のピアノのレパートリーというとロシア物などでオリジナルが多い印象がありますが、あとはどらくらいの曲がレパートリーとしてピアノの世界に定着しているのでしょうか。
編曲ものは数多くあると思いますが、これがまた選曲が難しい感じがします。
クラシックのオーケストラ曲やソロピアノ曲、ポピュラーなどを2台ピアノに編曲した作品はいろいろとありますが、「2台ピアノで弾いている意義」を感じさせるサウンドとは無縁の編曲に出会ってしまうことも・・・

コンサートの場合は視覚的効果も含めての2台ピアノだとは思いますが、聴き手に「2台で演奏するとこんなサウンドもつくれるんだ」と思ってもらえるような編曲を演奏して欲しいと思います。

JUGEMテーマ:音楽



| ピアノ情報ミニ | 22:31 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする