ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 2台使っているならではの | main | 自分の音に専念の後で >>
アーティキュレーション
初心者に限らずアーティキュレーションを楽譜に記載されているとおりに弾けない人は多いものです。
もう中級レヴェルの曲を弾いているような人でも、
「楽譜どおりのスラーとスタッカートでどうぞ」
と言ってもすぐには改善できない生徒が多いわけですが、これを普段の譜読みからしっかりとやるためにはやはり初歩の段階が重要でしょう。

初歩や初級の教本には最初はスラーもスタッカートも無いものが多いですが、次第に少しずつ増えていきます。
そしてそれらを初級の生徒は初めはしっかりとやっているわけですが、いつの頃からかメチャクチャとまでは言わないまでも、軽視するような傾向になってくる場合があります。
その兆しが見られた場合には指導者は、譜読みは音とリズムだけでないということをある程度は徹底することが必要でしょう。
アーティキュレーションも自力で演奏に反映させることを初級の段階でやっておけば、のちに楽です。
逆にその時期をあいまいに過ぎ去ってしまった場合には、少々大変ではありますが中級からでも徹底させることが必要になります。
その場合は少々時間もかかり指導側も根気が必要になるかもしれません。

JUGEMテーマ:音楽



| ピアノ情報ミニ | 20:43 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする