ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ヨーロッパメーカーといえど | main | レッスンの中で楽譜の良さを >>
近年お亡くなりの
作曲家の数は膨大なので気がつけば「ああ〜あの方って亡くなっていたんだ」と思うことも多くなったような気がします。
たとえば、作曲数が少ないことでも有名なデュティユーは長生きしていることでも知られていましたが、2013年に亡くなっています。
指揮者としても大活躍したブーレーズも昨年の2016年に亡くなっていたのはつい最近まで知りませんでした。

さらには、ラウタヴァーラも昨年に亡くなっていたようです。
ピアノ曲の傑作もありコンサートでピアニストが取り上げる機会も増えている現役の作曲家というイメージがありましたが、生まれが1928年ですから結構お年だったようです。

ほかにも探すと近年お亡くなりに合った作曲家はたくさんいると思いますが、ちょっときがついた3名をあげてみました。

JUGEMテーマ:音楽



| ピアノ情報ミニ | 12:23 | comments(1) | - | pookmark |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2017/07/13 1:11 PM |
コメントする