ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 次は納得できるように | main | 楽しいからがんばるの時代へ >>
いつでも見られるように普及しましたが
こどものためのピアノコンクールの演奏のレヴェルは、たとえば10年ほど前と比べると中間層は格段に上がったように思います。
動画サイトで全国大会の過去の演奏などを誰でも見られるので、指導者はもちろんのこと生徒や保護者も「ああ〜こういう演奏がいいんだね〜」といった感じになりやすいのがひとつの要因のように思います。

しかし動画は現在のところやはり動画であり、実際の演奏に近いとまではいい切れません。
演奏のおおよその形はわかっても、そのホールとピアノでの実際の響きを動画から全て感じとることは不可能です。

ですから見る側もそれをわかっている必要があります。
例えばパキパキとはっきりしたバロックの演奏をした人がピアノの全国大会で賞をとっているように動画で聴こえるからと言って、それをピアノもホールも、そして年齢もピアノ経験も実力も違う人が真似すればいいというものでもありません。
私達指導者はそのことを十分に踏まえて、単にモノマネ上手な演奏の子どもをつくってしまうことにならないようにしたいものです。

JUGEMテーマ:音楽



| ピアノ情報ミニ | 21:58 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする