ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 2曲の組み合わせは | main | 概念を超えて >>
理解力も必要
子どものピアノのコンクールで演奏されるバロックといえば、何と言ってもバッハが最も多いと思います。
最近ではバロック時代の課題曲の指定にバッハ以外にもヘンデルやスカルラッティなどの作曲家の曲も入れているコンクールもありますが、それでもバッハのインヴェンションやシンフォニア、平均律を課題をしているところが大半です。

小学生の高学年くらいでインヴェンションをちゃんと演奏するというのは、私達大人が思っているよりも大変なことなのでしょう。
「テーマがここからここまでだから、フレーズをちゃんと〜」とか、「ここは2声ともたっぷり歌いたいから左手も出して〜」とか「この対位テーマは少しだけ控えめに〜」などと、
演奏らしくなるように指導をしているつもりでも、子どもはあまり理解できないで弾いてしまうことも多いものです。

つまり小学生の5,6年生でインヴェンションを弾いてコンクールに参加しようと思うと、単に指が動いて一通り練習曲はこなせるとか、歌心の必要な曲はそれっぽく弾けるなどといったことでは通用しなくなっていて、理解力も必要になってきます。
3声のシンフォニアになるとさらにです。

このあたりのことは逆算すると4年生くらいからインヴェンションへの準備をしたのではちょっと遅いですから、やはり小学生低学年のうちからポリフォニックな曲の練習を・・と言ってもとても簡単なものからでいいので、取り入れていくことは重要でしょう。
それがのちの実力の伸びに活きてきます。

JUGEMテーマ:音楽



| ピアノ情報ミニ | 10:49 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする