ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 演技との一体感を | main | タブレットに表示 >>
クロード・ドビュッシー
2018年になりました。今年もよろしくお願いします。
ピアノ関連では今年はフランスの作曲家ドビュッシーの没後100年という記念年になるようです。

ドビュッシーは日本ではアラベスク第1番や月の光などが昔からテレビCMなどでも使用される機会が多い作曲家です。
ピアノや音楽に日頃は触れていない方でも、一度はドビュッシーの曲を聴いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

ピアノの学習と上達ということからドビュッシーを見てみると、弾きやすさと難しさの両方を持っている作曲家のような気がします。
アラベスク第1番などはブルクミュラー25練習曲の修了程度の実力でもがんばれば弾くことができますが、響きや流れをよく感じてちゃんと演奏しようとすると簡単ではありません。
また、前奏曲集や映像、エチュードなど音楽的にも技術的にも非常に多彩で難しい曲も多く残していますので、上級者にとってもやりがいのある作曲家です。

今年はドビュッシーがコンサートで演奏される機会は多そうですから、注目していきたいです。

JUGEMテーマ:音楽



| フランス | 13:15 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする