ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 大人の喜び | main | 新年度 >>
先を読む
カーリングは長野オリンピックの時に知りましたが、トリノオリンピックでの日本女子チーの活躍によって知名度があがったスポーツです。
「氷上のチェス」と呼ばれることもあるらしく、先の展開を予想しながらの駆け引きなどがスリリングで、今回日本女子が4位になった世界選手権も時々見ていて楽しめました。

先を読むといえばピアノでは譜読みの力がそうだと思います。特に初見演奏では先まで読みながら弾いていく作業になりますが、簡単な初見曲でも毎日少しずつ練習していけば初見力はどんどん上がるものです。
また、これから弾く曲がどれくらいの期間で仕上がりまでもっていけるのかということも、先を読む力かもしれません。
これはたくさんの曲を仕上げた経験が積み重なってくると、「この曲なら今日から譜読みして3週間で仕上がるだろう」、「この曲は2ヶ月近くかかりそうだ」などとわかってくるものですから、人前で演奏する予定がある場合にも曲の仕上がり具合の予想がだいたいつけられるものです。
| 音楽とスポーツ | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.piano-advance.com/trackback/788336
トラックバック