ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 大人の方も楽譜慣れを | main | 和音に慣れる >>
自動車と
ピアノを製作している国と自動車工業が盛んな国は似ているとはよく言われることです。どちらもアメリカ、日本、ドイツそれにフランスなどで、他にもアジアの韓国や中国なのですから確かに共通しているように思います。

ですが、ドイツやフランスのピアノメーカーやブランドはそれほど大規模に工業的にやっているわけでもないですから、日本のメーカーのように近代設備での生産とは少し事情は異なっているでしょう。
中国の一部のメーカーはアメリカや日本の一流ピアノメーカーとの提携などでどんどん技術を吸収して、既にかなり質の高いピアノを生み出しているようです。
ですが、まだ多くのピアノメーカーが存在していて、大きな会社と小さな会社が混在している状態のようですが、これもいずれ淘汰されていくのでしょうか。
| アジア | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.piano-advance.com/trackback/814961
トラックバック