ピアノレッスンのヒント
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
研究された楽譜
リストのピアノ曲は演奏会でもよく演奏されているのに、これまで日本には入手しやすくて良質はリストのピアノ楽譜があまり出版されていないのでピアノ愛好家が弾こうと思ってもどの楽譜を買っていいのか困っていたと思います。
輸入譜にはリストの全集があり、そこからさらに有名曲や人気曲が分冊されて販売はされていますが、これは値段的に高価です。

しかし今年がリストイヤーということで昨年から今年にかけて全音楽譜出版社から良質なピアノ譜がいくつか発売されました。
これまでにも全音はいくつかのリストの楽譜を出していましたが、それらよりも研究された校訂になっているので信頼性と使いやすさが両立されていると言えるでしょう。
既に輸入譜を持っている人も、日本語の解説がついている全音版を見てみるといいでしょう。
JUGEMテーマ:ピアノ


| ハンガリー | 19:16 | comments(0) | - | pookmark |
130回目の誕生日
3月25日はベラ・バルトークの130回目の誕生日です。
バルトークは各地の民謡を題材にした音楽をたくさん作曲したので民謡をピアノ曲やオーケストラ曲にした作曲家というイメージが強いのですが、実は若い頃はドビュッシーなどの音楽からもかなり影響を受けたと言われています。
バルトークの音楽は生前から高く評価する人とそうではない人に分かれていたという話もあり、ちょっと聴いたり弾いただけではリズムや和声感が独特のせいか一般には親しみにくいようなピアノ曲もあるかもしれません。
しかし、音楽の形式的にはシンプルで整然としている曲が多いようにも思いますので耳が慣れてくると急に親しみを感じてたくさん弾きたくなる人も多いでしょう。
JUGEMテーマ:音楽


| ハンガリー | 17:36 | - | - | pookmark |
生誕130年
ハンガリーの作曲家バルトークが1881年生まれですので今年が生誕130年のようです。
バルトークといえば民族音楽の分野やピアノ教育の分野でも大きな功績を残しています。
代表的な「ミクロコスモス」は子どもでも大人でも弾いている方も多いのではないでしょうか。

ミクロコスモスは誰でも親しみやすいかというと、そうでもない一面もある曲集です。
どこか風変わりに感じる音楽も多いのでそれを面白いと感じるのか、それとも何かが解決していないような不安定な音楽と感じたりするのかは個人の感性によって異なるところでしょう。
「ルーマニア民俗舞曲」などは親しみやすいメロディーで発表会などでもよく演奏される作品です。
JUGEMテーマ:音楽


| ハンガリー | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
リストとシューマン
リストには有名な「愛の夢第3番」のような「夢」の雰囲気を持っているピアノ曲もありますが、多くのピアノ曲は夢よりもどちらかというと“ピアノのもつ性能を発揮する、聴衆のための現実的なピアノ曲”が多いように思います。
例えばハンガリー狂詩曲やエチュード系などはそうしたピアノ曲でしょう。

同時代のシューマンなどはもっと夢の世界を感じるピアノ曲が多いようです。
シューマンもソナタなども残していますがどちらかというと夢の世界へ誘うような小品集、または「謝肉祭」のように小品から成り立っている曲が得意といった印象で、文学などとより密接に音楽を結びつけてピアノ曲に仕上げている印象です。

リストにも神話や文学などを題材にしたピアノ曲もありますが、それでも題材そのものが音楽になったというよりはピアノという楽器を活かすために題材を使っているといったところでしょうか。
JUGEMテーマ:音楽


| ハンガリー | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハンガリー狂詩曲第2番
リストのハンガリー狂詩曲は今も昔の一流ピアニストの重要なレパートリーです。
特に2番は演奏される機会も多い名曲ですが、他人によってオーケストラに編曲されたバージョンがあるのでそちらのほうが先に知っていたという方も多いかもしれません。

オーケストラ版もなかなか魅力的ですしメロディーは弦楽器にも合っているのですが、ハンガリー狂詩曲の演奏に重要な要素の1つの「即興性」が大人数のオーケストラ演奏ではどうしてもだすことが困難です。
それがピアニストの演奏であれば特にテクニックに余裕のある一流ピアニストであるならば、ハンガリー狂詩曲のテクニックを全面に出しつつも即興性のある演奏で楽しませてくれます。
若手ピアニストにもこの曲を得意レパートリーにしている人は結構いますので、リストイヤーの今年はたくさん聴けるチャンスでしょう。
JUGEMテーマ:音楽


| ハンガリー | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
外向きの曲
リストのピアノ曲を「あまりに曲芸的過ぎる」と言って好まない人もいるでしょう。
特にピアノを教えている人の中には生徒のレッスンではリストを全くと言っていいほど弾かせなかったり、弾かせても「愛の夢第3番」くらいだけであとはほとんど弾かせないということもあるのかもしれません。
確かにリストの一部の曲には演奏効果を最優先させたかのような部分があるのも事実ですし、それがリストらしい外向きの曲でもあるわけです。
それを「演奏効果をねらったある意味ピアノ曲らしいピアノ曲」として好むのか、「もっと中身のある曲を弾いたほうが良い」として弾かないのかは好みもあるでしょうが、指導者は生徒に幅広い音楽に触れて欲しいと思うならばリストの外向きの曲も今年のリスト記念年にいくつか弾かせてみるもいいのかもしれません。
JUGEMテーマ:音楽


| ハンガリー | 23:42 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
多くのバージョン
リストは一度作曲したものを後に少し手を加えたり時には大幅に修正をしたりして発表する「改訂」を多く行う作曲家でした。
一度発表した練習曲集も後にもっと発展させる場合もあったり、逆に音楽としては洗練するように改訂した結果難易度が幾分下がったりする場合もありました。
もちろんリスト以前の作曲家も初版を発売されてから手を入れることもありましたが、リストはラ・カンパネラでも数多くのバージョンが残っているのは編曲が好きだったリストの特徴かもしれません。
作品によってはどれが決定稿なのかと思うものもありますが、リストにとってはどれも決定稿であり同じ作品の別バージョンというよりも別作品という意味のなのかもしれません。
JUGEMテーマ:音楽


| ハンガリー | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
弟子の弟子
リストのというとピアノの魔術師、超絶技巧の曲をつくって自らヨーロッパ中を演奏旅行したという言い伝えばかりがクローズアップされがちです。
それは間違っていないのですがリストの仕事として重要なのはリストよりも後の世代のピアニスト育てたことではないでしょうか。

当時はリストに習うために有望な若手ピアニストがたくさん集まってきたそうです。
そしてリストに指導を受けたピアニスト達成長してさらに若手のピアニストを育てるといった具合になっていったので、現在でも元をリストの弟子の弟子の弟子・・・・のようなピアニストやピアノ指導者は世界中にたくさんいることになります。
JUGEMテーマ:音楽


| ハンガリー | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
少々曖昧な書き方
リストのピアノ曲をいくつか弾いたことがある方は楽譜を見ておわかりかもしれませんが、音符が拍子には厳密には合っていないことがリストでは珍しくありません。
しかも連符という指示も特にないままにいきなり拍子に合わない状態で音符が書かれていることもあるので、どこで左右を合わせるのか困ってしまう場合もあります。

これはリスト自身がこうした曖昧さのある楽譜を書き方をする人だったということもありますが、当時はおそらく今ほど厳密に書く習慣ではなかったとも言えます。
そうしたリストの楽譜も数曲弾いているうちに慣れてきて、16分音符や32分音符のようだけれど厳密には合っていないところも何となく合わすコツのようなものがつかめてくるでしょう。
JUGEMテーマ:音楽


| ハンガリー | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
愛の夢
リストを弾こうと思っているピアノ愛好家にとっては選曲がポイントの1つです。
リストはピアノ曲の曲数も多いので選択の幅は広いのですが、さすがに中級者くらいがあっさりと弾けてしまうような曲はほとんどありません。
中級者以上ですぐに思い浮かぶのは「愛の夢第3番」でしょう。
これはそれほど簡単な曲ではないので曲の持つ雰囲気を出すためにはそれなりのテクニックも必要ですから、中上級者以上の人が弾くことがいいと思いますが、時間をかければ中級者くらいでも弾けるようになる曲です。
「愛の夢第3番」よりも難易度は下の曲はありますが、知名度と演奏効果を考えるとまずこの曲からというのは良い選択です。
JUGEMテーマ:音楽


| ハンガリー | 22:32 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/4PAGES | >>